普段の生活で気をつけたいこと

職場でのお金の貸し借りは、上司や先輩、仲がよい相手でもダメです。
あなたがお財布を自宅に忘れてしまったなど、やむを得ず借りてしまった場合は、翌日必ず返しましょう。

先輩の体験談

少額でも貸し借りは?

職場の同期と一緒にランチを買いに行ったとき、「1000円貸して」と頼まれたので貸しました。それを同期はオゴリだと思ったらしく、お金を返してくれません。しかもそれから頻繁にお金を借りにきます。お金を返さないとわかったので、それからは貸していません。

あなただったらどうしますか?
下のアドバイスを参考にしてみてね。
check-illust

Check!

いつ返してもらえるか聞いてみたら?忘れているかもしれないよ。「自分も余裕はないから、早く返して」と言ってもいいね。

話が通じなそうな相手だから、何回言っても返してもらえなさそう…。そんなことでイライラするとあなたのためにもならないと思う。いっそ、お金はあげてしまったと割り切って、次からは貸さないこと!

お金の貸し借りは絶対にダメ。貸した後で、連絡が取れなくなることが多いです。最初から貸さないことが一番!上司や先輩が相手で断りずらいときは、「私も今、持ち合わせがありません」とか「今、1000円しか持っていないんです」と言うといいよ!

先輩の体験談

遊びの席でのお金の貸し借りは?

職場の先輩たちとカラオケに行ったとき、酔っ払った先輩たちが「明日返すからカラオケ代を払っておいて」と言うので、私がまとめて支払いました。ところが、翌日、誰もお金を返してくれません。思い切って「カラオケ代ですが…」と話しかけてみたら、「あなたのおごりでしょう?」と言われてしまいました。先輩なので強くは言い返せず、そのまま返してもらえませんでした。

check-illust

Check!

このような場合は、たとえ先輩から頼まれても、お金を貸すことはやめましょう。断りづらい時は、「私も持ち合わせがありません」「今は1000円しか持っていません」などと言ってみましょう!

保証人も名義貸しも絶対ダメ!

保証人にならない!
保証人とは、例えば、Aさんがお金を借りる際にきちんとお金を返すことを保証する人のことで、Aさんが返せなくなった場合は、借金を代わりに払わなくてはなりません。また、連帯保証人は、Aさんと同じ責任を持つ人のことです。例えばAさんの連帯保証人を引き受けて、Aさんが返さなかった場合、借金はすべてあなたが負うことになります。保証人・連帯保証人は絶対に断りましょう。
名前を貸さない!
名前=名義を他人に貸すのも絶対にやめましょう。名義を貸した友人が、あなた名義でカードや携帯などを作り、使ってしまい、お金を支払わなかった場合、あなたが支払いをしなければなりません。名前や名義貸しはどんなに信頼できる人から頼まれても、絶対に断りましょう。
twitter-btn@3x
soramame-vol1-btn@3x